ボーナスの算定元を事前に確認

夏や冬にはテレビでニュースになる程ボーナスは多くの人の関心を寄せますが、何も年2回の支給に限定する訳ではなく、企業によって支給回数や金額は異なります。
そのため、求人情報を見る際にはより詳細を確認する必要があり、面接では実際に面接官に確認をしておくのも良いでしょう。
最も多いのが夏と冬の年2回の支給となりますが、中には年に3回から4回支給する企業もあります。
そしてその金額も固定の場合もあれば、変動の場合あります。

外資系企業の場合、1ヶ月や2ヶ月分の月収がそのまま支給されます。
年収をベースに考え、月収の14ヶ月分や16ヶ月分が年収となるのが一般的です。
つまり、この場合はボーナスは固定となりますので、特に業績に影響は受けないでしょう。

業績連動型の場合、企業によってその算出方法は異なり、年間を通して企業の業績がそのまま影響されるのか、もしくは企業業績と本人の評価やパフォーマンスも加味されるのかで大きく異なります。
例えば、会社の業績が非常に良くても本人の評価が良くなければ、支給金額トータルで見ると金額が下がる可能性もあり、逆のケースもしかりです。

何か大きな買い物をした時にはボーナス払いとしている人も多いですが、転職をする際にはこの点にも注目です。
この様に様々な形があるため、事前に求人情報から支給回数と金額をしっかりと確認し、現職と比較をしたり他の企業と比較をしてみるのも良いでしょう。