支給がないことがデメリットとは限らない

転職をする際には、年収をできるだけ高くしたいと考えるのが一般的です。
求人広告を見ると月額給与のみが記載されており、ボーナスについては支給される可能性があるかどうかしか記載されていないことがよくあります。
通常はボーナスは支給された方が良いと考えてしまいがちですが、ボーナスがないにも関わらずメリットがあるケースもありますので注意した方が良いでしょう。

ボーナスを支給しないと決めている場合給与をぎりぎりまで高くしているケースがあり、この場合には他の企業ではボーナスとして支給されている金額が12ヶ月に分散されています。
一度にまとまった金額が欲しいという場合にはボーナスがあるに越したことはありませんが、一定して高めの給与設定になっていると考えると損をしている訳でもありません。
むしろ、業績が低迷した際にボーナスがなくなって年収が低下するというリスクがない点で優れています。
そのため、転職する際はボーナスの有無よりも年収を考えて仕事を選ぶのが賢明と言えます。

それでもやはりボーナスにこだわりたい場合には、支給実績を調べ、月額給与と合わせて年収を計算してみると良いでしょう。
これによってボーナスの支給がない企業と比べ、収入面から魅力があるかどうかを判断できるためです。

収入を得られるタイミングについては好みが分かれるのでどちらが優れていると一概に言うことはできませんが、ボーナスの有無によって大きな損をすることはあまりないと考えられています。